石の宝殿


 この都市に見られる「不思議」が、宮城県の御釜神社の「神釜」、鹿児島県姶良郡霧島神社の「天の逆鉾」と並ぶ「日本三奇」のひとつ、兵庫県高砂市生石神社の大石「石の宝殿」だ。
 JR宝殿駅から1キロほど歩くと山道に出、そこを上ると、途中で生石神社の正面に出る。この神社には大己貴命と少彦名命(少昆古那命)を祀っている。

 生石神社の縁起によれば、その昔、崇神天皇の時代に、日本国土に悪疫が流行して、人々が苦しんだことがあった。そのようなとき、ある夜、大己貴命と少彦名命の二神が天皇の夢枕に立たれたので、この二神を祀るために、生石神社を創建した。それ以来、悪疫が収まったのはいうまでもない。
 前殿を通り、本殿の中央をくぐりぬけると、背後の山背にご神体の大きな石が見えてくる。幅(正面下辺部)6.45メートル、高さ(北側面後半部)5.7メートル、奥行(突起部を含む最大奥行)7.2メートル、推定重量500トンというスケールだ。
 右の一番奥には、長さ1メートルほどの四角錐状の突起部があり、中央に幅1.6メートルの浅い溝が掘ってある。また石の上には松の木が生えている。そして、なんとこのご神体、側面から見ると、まるで神殿を横倒しにしたような形をしている。つまり屋根にあたるところが後ろで、底にあたるところが前になっているという状態だ。

 一般的には1200年ほど前に作られたといわれており、おそらく山の岩を家の形に切り開いたが、最終的に底の部分を切り離すことができずに、そのまま放置されたのではないかといわれている。
 だが、このような大きな石の家である。古来謎の石造物として神殿説、古墳説、石棺説など諸説が出ており、現在もはっきりとはわかっていない。